海外保険

海外保険について


ここでは皆さんに海外保険について説明します。

アクシデントに見舞われることなく、無事に帰国することがベストですが、

外国では想定外のことが起こりがちです。

旅行中に病気やケガをしたときの医療費や盗難に遭った際の

補償などをしてくれるのが海外旅行保険。

金銭的な補償だけでなく、トラブル処理や現地での

日本語サポートなどのサービスも受けられるので心強いです。

ワーホリラボでは

旅先でのトラブルに備えよう

海外旅行中、環境の変化で体調をくずしたり、ケガをしたり、大切なカメラを盗まれたり……、

そんなアクシデントに遭遇することも十分あり得る。

外国では日本の健康保険は使えないうえに、日本に比べると医療費や入院費が

はるかに高額な場合が多い。こうした事態に備えるのが海外旅行保険。

インターネット上からも簡単に申し込めるので、出国前に忘れずに入るようにしよう。


主な補償項目


海外旅行保険では、旅の間に想定されるアクシデントについて、

下記のとおり、さまざまな補償が用意されている。

こうした補償があらかじめパッケージになった「セットプラン」のほか、

自分の旅先と予算に合わせて必要な補償項目を選択できる「ばら掛け」も

ネット申込みなどでは可能。

疾病治療費用:病気になった場合、病院での治療費が補償される。

傷害治療費用:ケガをした場合、病院での治療費が補償される。

疾病死亡・後遺障害:病気が原因で死亡、または後遺障害が残った場合、保険金が支払われる。

傷害死亡・後遺障害:ケガが原因で死亡、または後遺障害が残った場合、保険金が支払われる。

賠償責任:誤って人にケガをさせたり、物品に損害を与えた場合、保険金が支払われる。

救援者費用:旅行中にケガや病気で入院した場合、日本から親族などが現地に向かう際の交通費と現地での滞在費が補償される。

携行品損害:身の回りのものが盗難に遭ったり、破損などの損害を受けたりした場合に損害額が補償される。

入院一時金:ケガや病気で2日以上入院した場合、一時金が支払われる。

航空機寄託手荷物遅延費用:航空機に預けた手荷物の到着が遅れ、身の回り品等を購入した場合、その費用が補償される。

航空機遅延費用:航空機が遅延・欠航し、代替機を利用できない場合の宿泊費、食事代等の費用が補償される。


万が一事故にあったり病気になった場合、保険がない場合かなりの

金額を請求されることがあります。必ず加入してから出国してください。

以上、海外保険について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

分からないことや、疑問等ございましたら

お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。