オーストラリアの文化

オーストラリアの文化


ここでは皆さんにオーストラリアの文化について説明していきます。


オーストラリア人


オーストラリア人は英語でオージーと言います。

比較的に性格はおおざっぱでフレンドリーです。

誰とでも挨拶したり話したりします。

日本人と比べるとルーズに見える一面もあります。

仕事場などで一緒になった人はその辺を考慮して接するといいかもしれません。

日本食レストランなどで働いているオージーもいるので参考にしてください。

また先住民のアボリジニという民族がいます。

シティや公園、公共交通機関で見かけることがあります。

いろいろな国の人達が移住してきています。

多文化・多人種・多宗教です。

インド人、香港人、台湾人、韓国人が多く見受けられます。


日本とオーストラリアの違い


バスや電車では車内アナウンスがありません。

なので、初めての場所に行く場合は運転手に確認することをお勧めします。

バス停からバスに乗る場合は手を挙げてバスを止めるルールになっています。

利用することはほとんどないと思いますが、公衆電話は御釣りがでません。

レストランなどにBYOのサインがあればお酒を買って持ち込むことができます。

チップ文化は北米ほど強くありませんが、あります。

良いサービスを受けたら払いましょう。

緊急通報は000で警察、消防、救急は同じ番号になっています。

ガソリンスタンドは全て自分自身で行います。

タクシーのドアは手動です。

車の運転は左側ですが、基本的に右側の車両が優先になります。

また建物は一階をグランドフロア

二階をファーストフロアと言います。

日本と違い、一個づつずれています。

季節は日本と真逆です。

時差はブリスベンと日本の時差は一時間です。

ブリスベンのほうが一時間早いです。

電圧は240V/250V(50HZ)なので

日本から持ち込んだ電化製品は変圧器やアダプターが必要です。

お風呂についてですが、

オーストラリアでは基本的にシャワーです。

まれにジャグジーがある物件があります。


オーストラリアの食事


日本では和食、イタリアではイタリアン、中国では中華など国によって

料理の特徴がある国が多いですが

オーストラリアにはオーストラリア料理というものは存在しません。

昔から多くの移民が在住している国なので独自の文化が育たなかったという背景があります。

そのため、町で外食をするときには様々な国の料理にトライすることができます。

場所によって値段はバラバラですが、ランチで15$前後、

ディナーで40$前後が目安になります。

アジア料理(日本、韓国、中国、ベトナムなど)のほうが比較的欧米料理よりも少しだけ単価が安くなります。

またディナーをお洒落なレストランで食べる際は予約を

電話やオンラインでしておくことをお勧めします。

そして、最低限の服装をしていくことがマナーとなります。

北米ほどではありませんが、チップ文化があります。

良いサービスを受けたらチップを払いましょう。

支払う額の10%前後を支払うといいでしょう。

特に男性はシャツやジャケットにストレートなパンツ、それにドレスシューズ(革靴やスウェードのもの)などが好まれます。

デートなどで行く際は必ずレディファーストを心がけましょう。

ドアを開ける際、階段、椅子に座る際など求められる

シチュエーションは多々あります。


カフェ


オーストラリア人はコーヒーを好んでよく飲みます。

集計データでの一人あたりが一日に飲むコーヒーの平均数は

3杯に上るといわれています。

そのため町のあちこちにコーヒーショップがあり、

チェーン店よりも自分の隠れ家的お店を見つけて通う人も多いようです。

スターバックスなどに行くより、その町で自分だけのお気に入りのお店を探すのも楽しみの一つです。

またカフェには無料のWIFIがあるので、商品を購入したらパスワードを聞いてみましょう。

カフェでまったり過ごしてリラックスするのも

ワーキングホリデーライフの楽しみの一つです。

ブリスベンだとJames Street, New Farm, South Bank, West End

周辺にお洒落なお店がありますので是非探してみてください。


自炊


日本食を家で作る際などに必要な日本の調味料などはアジアンマーケット

(小さいスーパーのようなもの)で購入することができます。

ワーホリラボ ブリスベンで紹介したKoz Marketやダイソーなどです。

こちらからすると、輸入品にあたるため単価は上がりますが、

外食するよりは確実に安く済ませることができます。

皆様の中には、日本食が恋しくなる方がいるかもしれませんので

覚えておいてください。

Woolworths, Colesなどの大手スーパーマーケットでは

約1$で五食分の即席麺を買うことができます。

この1$即席麺はWoolworths, Colesのブランドで真っ白なパッケージです。

2$で十食分購入できます。

また時間帯によっては野菜などを割引価格で購入することができます。

食器など日常生活用品も販売しています。

是非訪れてみてください。

場所 Googleなどで近くのWoolworth, Colesなどを検索してみてください。

自分の住んでいるエリア+Woolworths, Coles. IGA, 等の名前で検索できます。

以上、オーストラリアの文化について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

分からないことや、疑問等ございましたら

お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。