ブリスベン

ブリスベン


ここではブリスベンについて説明していきます。

クイーンズランド州 州都 ブリスベン

特徴は気候が年間を通して安定してるので非常に過ごしやすいです。

ゴールドコースまで約一時間の距離なので休日をビーチで過ごすこともできる

恵まれた都市です。街は非常にコンパクトな作りになっています。

シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリアの第三の都市です。

ブリスベンの公式ホームページはこちらです。

https://www.australia.com/ja-jp/places/brisbane.html


ブリスベンについて


オーストラリア大陸北東部に位置し、約五分の一を占める

クイーンズランド州は豊かな自然や綺麗なビーチに恵まれています。

そのクイーンズランド州の州都がブリスベンです。

シドニー、メルボルンにつぐ第三の都市です。

クイーンズランド州立大学、クイーンズランド工科大学、

クイーンストリートモールもあり学業、観光、ショッピングに適した街です。

日本の東京・大阪などと比べると小さな街です。

主な交通網はバス、電車、タクシー、フェリーです。

電車、バス、フェリーの利用にはゴーカードが必須です。

一年を通して非常に過ごしやすく安定して気候です。


ゴーカード(Go Card)


皆様がクイーンズランド州内で公共交通機関を利用する時に必ず必要になるのがこのゴーカードです。

日本でいうPasumo・Suicaにあたる物です。

このカードを利用すると料金が最大30%節約できます。

入手方法

コンビニエンスストア

ニューススタンド

オンライン (トランスリンクのHP)

オンラインで購入する場合はクレジットカードまたはバンクカードが必要です。

購入完了後、数日で指定した住所に届きます。

また学生には専用のゴーカードがあります。

この学生専用ゴーカードを入手するには学校などで専用の用紙を

貰い記入して政府に提出する必要があります。

また購入時にデポジットで5$必要となります。

チャージする料金と合わせて20あれば十分です。

範囲は

北はサンシャインコースト、カブチャール市、モートンベイ

西はイプスウィッチ、ロッキャバレー

東はレッドランド、ブリスベン空港

南はゴールドコースト

以上の地域をカバーしています。


ゴーカード入金方法


さてゴーカードをゲットしたら、次は入金方法です。

入金方法

コンビニ

ニューススタンド

オンライン(トランスリンク HP)

コンビ二やニューススタンドではお金とゴーカードを店員に渡すとしてくれます。

私達ワーホリラボのお勧めはオンラインで自動チャージにしておくことです。

自動チャージに設定しているとその時点で残高が0$でも使用できます。

トランスリンクのHPから自分のアカウントを作成して設定することで利用することができます。

アカウントぺージでは、入金履歴、残高もチェックできます。


作り方

HP右上のGo Card Login をクリックします。

Register your go card を選択します。

ゴーカードのナンバーとプロフィールを入力します。

アカウントの作成が完了したら、My pageからTop-upを選択します。

左側のCharge your auto top up amountを選択します。(20$に設定されます。)

バンクカードの情報を入力して完了です。


交通手段


ブリスベンの交通手段について説明します。

公共交通機関は三種類です。

バス

電車

フェリー

タクシー

バスの種類についてですが二種類あります。

トランスリンクバス

バスの正面に3桁の数字と目的地が書かれています。

バスの色は黄色、青、白です。

目的地を通るか分からない時は運転手に尋ねてください。

フリーループ(無料バス)

バスの色は赤です。

フリーループは無料観光です。

朝7時から午後6時前まで10分間隔にでています。

バス停は、

セントラル駅(stop26)、シティホール(stop21、)、QUT(stop114)、クイーンストリートモールなど18箇所設置されています。

シティ、クイーンストリートモールから出発するバスは、シティーホール、セントラル駅、リバーサイド、観光地のボタニックガーデンなどを回ります。

トランスリンクトレイン

トランスリンクトレインはブリスベン市内と近郊を走っています。

Caboolture line

Ferny Grove line

Cleveland line

Shorncliffe line

Robina line

計5つの路線があります。

地域にもよりますが本数も多く使いやすい公共交通機関の1つです。

全ての路線の電車が停まる駅が

トランジットセンター内のローマ・ストリート駅

シティにあるセントラル駅

フォーティチュードバリーにあるブランズウィック・ストリート駅

バスなどの乗り換えにこの3駅が便利です。

電車やバス、フェリーなどの公共交通機関のルート・時刻表などの情報をトランスリンクのHPから集めることができます。

http://translink.com.au/

サイトにアクセスすると、画面左側にJourney Plannerと表示されます。

これを使えば目的地までの行き方を簡単に調べることができるのでお勧めです。

出発地・目的地(住所/目じるし/バス停名/停留所ID)を入力してください。

日付・出発・到着時間を選択します。

最後にFind Journeyをクリックしてください。

バスの時刻表の出し方は

バスルートをHPのJourney Planner の下にあるTimeTableに入力します。

最後にFindをクリックしてください。

次のページで右側にPrintable Timetablesと表示されますので

このPDFをダウンロードすると時刻表を入手できます。

シティキャット(フェリー)

シティからブリスベン川を挟んでEast Brisbane, Kangaroo pointに住んでいる方にお勧めの交通手段がこのシティキャットです。

両岸を往復するだけのフェリーサービスもありますが

シティキャットと呼ばれるフェリーは

ブリスベン東部ハミルトンにあるブレッツワーフから

ブリスベン中心部にあるフェリー乗り場を経由し西部クイーンズランド大学を往復します。

タクシー

日本でもお馴染のタクシーですが

オーストラリアでは後部座席ではなく、助手席に乗るのが主流になっています。

女性の方で心配な方は後部座席に座っても問題ありません。

電話で予約するか、街中のタクシー乗り場でひろうことができます。


各エリア


大きく分けてシティを中心に、北にフォーチュディドバリー、

南にサウスブリスベン、ウェストエンド、東にイーストブリスベンがあります。


Brisbane City

交通の便も非常に便利でFortitude Valley, South Bankとの中間地点に位置しています。

フェリーに乗れば、East Brisbaneにもアクセス可能です。

Queen Stを中心に成り立っており、Queen PlazaとMyer Centerという

ブリスベンきっての大型ショッピングセンターがあるブリスベンの中心地です。

他にもこのシティには英語学校、図書館、カジノ、クラブ、バー、ホテル、

バックパッカー、学校などが集まっています。

またこの二つのショッピングモールの近くにはH&M, Forever21, UNIQLO,

など日本でお馴染のお店もあります。Myer Centerにはダイソーや映画館もあります。

友達との待ち合わせには、Hungry Jucksがわかりやすいのでお勧めです。

Myer Centerから歩いて徒歩五分のEagle Streetは必ず訪れておきたい場所の一つです。

目の前にはブリスベン川が流れており、夜になるとStory Bridgeが

ライトアップされお洒落な雰囲気を楽しむことができます。

お勧めはBavarian Beir Cafeというジャーマンレストラン。

ドイツ産のビールが楽しめます。


South Bank

シティから南に位置し、徒歩五分で行くことができます。

このサウスバンクはブリスベンきってのお洒落なレストラン街。

街の真ん中を二本の道が通っており、どちらに行ってもレストラン、バーがずらりと並んでいます。

各レストランのテラス席には蝋燭が置かれており、ロマンチックなムードを提供してくれます。

このSouth Bank、先程紹介したEagle Stはデートをするのにお勧めの場所です。

日中には、South Bankの中心にある人工のビーチで日光浴をするのも楽しみの一つです。

家族でBBQやスイミングを楽しんでいる光景をよく見かけられます。

少し奥まで行くとお洒落なイタリアンBar&Restaurantがあり、その先の小さな芝生のスペースでは読書などをすることができます。

また週末にはストリートマーケットが開催されており、

他では買えない物がお手頃な価格で購入することができます。


Fortitude Valley

シティの北側に位置し、徒歩10分で行くことができます。

ブリスベンのナイトライフを楽しむなら、このFortitude Valleyがお勧めです。

チャイナタウンを中心にチャイニーズレストラン、雑貨屋などが沢山あります。

オーストラリアの若い人達がよく利用する場所です。

彼らにとって週末にクラブで遊ぶのが一般的になっており、

オーストラリア人の友達を作りたい方にとってはチャンスかもしれません。

お店が夜遅くまで営業しており、値段も安いためハメを外したいときは

このFortitude Valleyがお勧めです。


West end

シティから見て、South Bankの奥に位置します。

アンティークちょうなところがこの町の魅力です。

ショップやレストランなどにも町のライフスタイルが色濃く残っており

他の場所とは雰囲気が異なっています。

オーガニックな商品を扱う食料雑貨店が多く少しお腹がすいたときなどに

立ち寄りたい、そんな場所です。


Sunnybank

South Bankから更に南にいくとありのが、ここSunnybankです。

ブリスベン最大のチャイナタウンがあるので、

安いアジアアンフードを食べたいなら、ここが最適の場所です。

中華料理、韓国料理、日本食も食べることができるので、

友達同士でくるのにお勧めです。


Kangaroo point

ブリスベン川を挟んで、シティの東側に位置します。

シティからはフェリーでのアクセスがお勧めです。

学校の寮や公園がある住宅街です。

大きなショッピングセンターなどはありませんが、夜になればシティの夜景を楽しむことができます。

有料ですが、ロッククライミングなどのアクティビティも楽しむことができます。


Hamilton

シティからFortitude Valleyのさらに北側に位置しています。

川沿いにあるお洒落な街です。

カフェなども沢山あり、散策するだけでも楽しむことができます。

また金曜日と土曜日の夕方四時からEat Street Marketが開催されています。

多種多様なアジアンフードをマーケット形式で安くたしなむことができます。

(五月から九月までは、日曜日も開催されています。)


Carindale & Garden City, Indoorpilly

Carindaleはシティから南東に位置しています。

Garden CityはSunnybankの更に南に位置しています。

Indoorpillyはシティから西側に位置しています。

この三つの街には大型のショッピングセンターがあります。

ブリスベンで一番大きなショッピングセンターがあるのはGarden Cityですが

シティからのアクセスを考えるとIndoorpillyがお勧めです。

またこの他にも洋服、雑貨などの様々なショップがあるので、日中に回るには最適の場所です。


お勧め買い物スポット 


ここまで、ブリスベンの各エリアについて説明してきましたが

ここでは皆さんがどのお店に行けばいいのかを説明していきたいと思います。

食品、日用雑貨を購入できるスーパーマーケット。

Woolworths

Coles

IGA

KOZ market

この三つが代表的ですが中でも、Woolworths, Colesが値段も安く店舗が多いのでお勧めです。

KOZ marketはMayer Center近くにあるアジアンスーパーマーケットです。

納豆や寿司を作る食材、インスタントラーメンもあります。

Woolworths, Colesでは携帯を購入することもできます。

日用雑貨、洋服、家電用品を購入できるショッピングセンター

Mayer Center

Queen Plaza

DFO 

Mayer Center内には、日本でお馴染のダイソーもあります。

Queen Plaza内にはDavid Jonesもあるのでチェックしてみてください。

DFOは空港近くにあるため、行くには車などが必要になります。

DFOはアウトレットショッピングセンターなので物を安く手に入れることができます。

家電用品、携帯電話(SIM Free、Prepaid)

JB HIFI

Apple Store

JB HIFIは日本でいうヤマダ電機みたいなものです。

DVD、PC、Game,携帯本体、その他備品を購入することができます。

アップルストアは皆様よくご存じだと思います。

日本と同じようにアップルストアがQueen Stにあります。

携帯電話、銀行については別に詳しく説明させていただきます。


ブリスベンのWIFI


ブリスベンのWIFI、インターネット事情について説明します。

レストランやカフェ、ライブラリー、学校などにFree WIFI があります。

パスワードでロックがかけられているのでお店の店員に聞いて入手してください。

街中にも下記のエリアでFree WIFIがとんでいます。

このWIFIは規約に同意すれば利用できます。

King George Square

Post Office Square

Queen Street

Fortitude Valley

Botanic Gardens

Brisbane Library

Brisbane Libraryについては下記のHPから

http://www.brisbane.qld.gov.au/facilities-recreation/libraries

レストラン

カフェ

マクドナルド

ハングリージャックス

スターバックス

などで入手可能です。

住居

物件によって異なりますが、

無制限

制限あり

インターネットなしの三種類になります。

上記の場合があります。

借りる前にしっかり確認しておきましょう。

また携帯・SIMをレンタルした場合、お使いのお機種によりますが

その携帯自身からテザリングでWIFIをとばせます。

パスワードの設定をしないと他人に利用される可能性があります。

注意

FREE WIFI(公衆無線)は無料で誰でも使用できます。

セキュリティなしが前提なので、第三者からの閲覧、情報漏洩の危険があります。

FREE WIFIにて発生した損害や問題について当方では責任を負えませんので

その点を考慮のうえ利用ください。


住居


皆様がもっとも気になる住居について説明させていただきます。

主に一軒家、アパートメントをシェアして生活しています。

アパートメントの場合はプール、ジム、BBQエリア、サウナが付いているのが

一般的です。

借り方の種類

オウンルーム(個室を借ります。)

ルームシェア(部屋をシェアします。)

基本的にこの二種類が主流です。


探し方


主にインターネットのクラシファイド掲示板や、学校の掲示板で情報収集することができます。

家探しに不安があり、一人で探すのは心細いという方は

下のこちらをクリックしてからワーホリラボのサービスをご利用ください。

こちらをクリックしてください。

皆様の代わりに物件検索、現地視察を行います。

英語に不安がある方にはお勧めです。

日本人の方がよく利用しているサイト

Nichigo Press

Sun Brisbane

Gumtree

日豪プレスは日本語で情報を検索することができます。

そのためあげられている情報が限られています。競争率が高いです。

Sun Brisbaneは英語表記になります。

日豪プレスより情報はやや多めになりますが

、学生の利用率が高いため一部屋で三人寝泊りする物件も掲載されています。

ワーホリラボのお勧めはGumtreeです。

英語表記になりますが、優良物件が多く、現地の不動産屋も利用しています。

更新率も高く、このサイトでは仕事も探せるのでお勧めです。

上記の三つ以外だと、Google, Yahooなどで直接検索する方法もあります。

検索ワード

Rent Brisbane

Rent Fortitude Valley

Rent City

Rent South Bank

上記のように住みたい地域を指定して探すと良い物件に巡りあえることがあります。


ルール


気になるルールですが、

日本のように敷金、礼金などはありませんが、

基本的にボンド(日本でいう保証金)を支払わなければなりません。

このボンドは物件を出るときに返金してもらえます。

物件の付属品などを破損させてしまった場合は返ってきません。

一般的には家賃の二週間分支払います。

支払は日本のように毎月ではなく、二週間ごとか毎週です。

借りる時にオーナーに必ず確認してください。

例 レント 週 140$

  ボンド 二週間分 280$

支払い方法ですが

主にインターネットバンキングで支払います。

稀に現金払いをしているところもあります。

住居から転居する時は、二週間前から一ヵ月前に知らせるのがルールです。

これを守らないとボンドが返ってこない可能性があるので気を付けてください。


相場


シティ・シティ近辺

(シティ、サウスブリスベン、フォーチュディドバリーなど)

オウンルームをシティなどで借りようとする場合

最低でも180$、いい物件だと200$を超えます。

中には相場を下回る値段の物件もあります。

ルームシェアの場合

140$前後が相場です。

利便性を重視する方にはお勧めのエリアです。

郊外

200$以内でオウンルームを借りることができます。

ルームシェアもシティに比べたら安く借りることができます。


注意


オーストラリアはベッドバグなど日本と環境がことなりますので

細心の注意をはらってください。

ベッドバグなどの被害に遭ったらすぐにオーナーに連絡してください。

インターネットに使用制限がある場合や

物件によっては光熱費やインターネット代を請求される場合もあります。

事前に下見をしたうえで借りる前に必ずオーナーに確認してください。

日本と違って学生同士のやりとりで物事が進むこともあります。

私もトラブルに遭いボンド500$が返ってこなかったことがありましたので

十分に注意してください。

また不安なポイントやお困りのことがありましたらワーホリラボまでお問合せ下さい。

以上、ブリスベンについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

分からないことや、疑問等ございましたら

お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。