オーストラリアのタックスリターン 実践編

オーストラリアのタックスリターン 実践編


ここでは皆さんにタックスリターンリターンの方法を実際に説明していきます。

この記事の画像は2014年版になっていますが、

皆さんは2019年版をダウンロードして記事の通りに実践してみてください。

質問や疑問がありましたら、ページ下部のお問い合わせからお願いいたします。


初めに


初めにE-tax Australia で検索して

E-tax Australian Tax Office をクリックしてください。


次にE-tax のファイルをダウンロードします。

Find out more download and install e-tax 2014をクリックしてください。

※画像の年度は2014ですが、今年は2019年なので皆さんは2019をダウンロードできます。


次にインストール画面でNextをクリックしてください。


次の画面でI accept the terms in the License Agreement に

チェックを入れてNextをクリックしてください。


次にNextをクリックしてください。


次にInstallをクリックしてください。


Install画面が出てくるので完了したらNextをクリックしてください。


Completed the e-tax 2014 setup wizardと出てきたら

Finishをクリックしてください。


次にE-taxのガイドが必要か不必要か聞かれるので

必要な人はYes, 必要ない人はNoを選択してください。

(初めての方はYesを選択することをお勧めします。)


Guideが表示されるので読んでTax Returnの流れを把握してください。

ここではダウンロードが完了した旨と

メニューバーのスタートの下にあるGuide to using e-taxをクリックすることで

皆様がいつでもこのスクリーンに戻ってくることができると書いています。


ここでは個人情報の入力について

皆さんがMygov account を作る必要があることと

そのアカウントとATOがリンクしている必要があることが書かれています。

このMygov Accountをお持ちでない方は

https://my.gov.au/EnrolService/enrolService.htm?_flowId=enrolment-mg-flow&_flowExecutionKey=e1s1

こちらで先にアカウントを作成してください。


この画面ではこのナビゲーターが使えることや

スキップして時間を節約できること、一度に終わらせる必要はなく

セーブすることで好きな時にやることができると書いてあります。


ここではメニューバーを使用することで情報の漏れがないかの確認や

もしヘルプが必要ならナビゲーターを使用することができると書いています。


ここでは情報の入力が完了して申請する際の注意点などが書いてあります。

情報入力が完了したら必ずTax Return のRecordをコピーして保存してください。

次にStart using e-tax をクリックしてください。


下記の画面が表示されるので、Check for updates をクリックしてください。


次にこの画面になりますので、初めての人はNoをクリックしてください。


次にファイル名を決めて、TFNを入力してください。

TFN = タックスファイルナンバー


次にNextをクリックしてプロフィール入力画面までいってください。


ここもNextをクリックしてください。


ここもNextをクリックしてください。


ここもNextをクリックしてください。


この画面では、TFN、性別、氏名、生年月日を入力してください。

Are you an Australian resident for tax purposes ??

この問いはYesにしてください。


Do you want to pre-fill your tax return ?

この問いは

Yesの場合 

My gov au でアカウントを作成してATOとLinkしなければなりません。

また雇用主の年度末調整が反映されていないとATOとのLinkができません。

このつぎの画面でパスワード認証ができなかった場合は

ATOのデータが反映されるまで待つか、Noを選択しなおしてプリントアウトして

郵送またはATOのオフィスを直接訪れてください。

Noの場合

プリントアウトして郵送しなければなりません。

ネットでの申請はできません。 

ATOのオフィスに直接いくか、郵送となります。

皆様には基本的にYesを選択していただくことになると思います。


この画面ではチェックを外して、Nextをクリックしてください。

次にRollover introductionの画面がでてくるので、Noを選択してください。


次に申請者の情報入力ホームがでてくるので、

住所、郵便番号、電話番号を入力してください 。


次に居住地を入力。上記で入力した住所と

同じ場合は Use current postal address にチェックを入れてください。


次にdo you need to lodge a tax return ??

Tax return の申請をするかを聞かれるのでYesをクリックしてください。


ここでは 

Will you need to lodge an Australian tax return in the future ?

来年度も申請するかを聞かれているので、

申請する人はYes ,申請しない人はNoを選択してください。


ここでは、結婚してるかを聞かれています。

ほとんどの人はNoだと思うので

Noを選択してください。


ここでは銀行の振込み先を入力します。

(TaxがRefundされたときの振込み先です。)

BSB , Account Number,  Account Name を入力します。


この画面ではここまでの入力情報の確認ができます。

ATOから情報が取得できていると反映されています。


ここではYesをクリックしてください。

左のメニューでIncomeをクリックしてみてください。

メニューが表示されます。


ここではNextをクリックしてください。


この画面では職業を選択します。

職業を選んだらNextをクリックしてください。


この画面ではPayment Summaryの詳細を入力します。

(記入されている数字をそのまま入力してください。)

Payer’s ABN  雇用主のAustralian Business Numberのことです。

Gross Salary 総収入

Tax Withheld 支払った税金


10のGross interestまでは当てはまるもの以外はNoをクリックしてください。

当てはまるところはYesをクリックしてください。

Gross interest は銀行の利息についてです。

オーストラリアで開設した口座が利息の付く口座の場合は

Yesをクリックしてください。

口座に利息が付かない場合はNoをクリックしてください。

インターネットバンキングのView StatementからGross interestが確認できます。

または直接銀行の窓口に行き、Tax year informationが欲しいと伝えれば取得できます(パスポート、バンクカードを持参してください。)

(この写真の場合は利息がつかない口座だったので0になっています。)


次にGross Interest 入力画面です。


最後にIncome summaryをクリックすると

このような確認画面のなるので、

入力した内容が正しいか確認してください。


次にDeductionの入力です。

仕事にかかった経費の入力になります。

ほとんどの人は入力する必要はないと思います。


DeductionもDeduction summaryで入力した内容を確認してください。


次にTax offsetsを入力します。

日本でいう控除です。各当する方は入力してください。


Tax offsets もTax offsets summaryで入力した内容を確認してください。


続いてIncome ですが入力しないといけないので、

スキップすることができないのでこの画面でYesを入力してください。

後はNoとNextを選択してください。

(各当する質問がある場合はYesを選択してください。)


次にIncome tests summaryで入力内容を確認してください。


次にMedicare itemsについて入力します。

このセクションもスキップできないのでNo, 

Nextを選択して入力してください。

Medicare税の対象となる額に収入が達していた場合は支払わなければなりません。

(毎年対象額が変わります。)


Medicare Items Summaryで入力した内容を確認してください。


最後に申請結果の見積もりがでるので確認してください。

この写真の場合は2013-2014年度の納税した税金が

4054$戻ってくる予定という申請結果がでました。


Spouse detail と Help and SFSS はNoを選択してください。


次にこの画面では申請内容を確認、印刷することができます。

ファイルに保存するか、印刷してバックアップを取っておくことをお勧めします。

ネット申請ができないかたはこのままE-taxを印刷して日付と

サインをして郵送することができます。


次にネット申請画面です。

Lodgment を選択するとこのような画面になります。

入力した内容にエラーがあると写真のようにYesが表示されません。

(Yesが表示されないときはエラーがでます。)

この写真には警告メッセージがでています。

エラーがでた場合は入力内容が間違っている可能性があるので確認してください。

(赤いマークがエラーです。)


この後はYesとNextを選択して申請確認画面でokを選択してください。

お疲れ様でした。

以上、タックスリターンの実践編を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

分からないことや、疑問等ございましたら

お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。