オーストラリアの仕事

ワーホリの仕事 オーストラリア編


ここでは皆さんがオーストラリアで

どんなお仕事をできるかを紹介していきます。


現地での仕事


ワーキングホリデーで働く人達の現状

シティで働く場合、資格、特別なスキル、英語力がない人達は

日本食レストランで働くことになります。

田舎などではファームが主な仕事になります。


所持していると仕事探しに有利な資格

美容師、理容師、調理師、バリスタ、整体師、国際免許、バーテンダー、保育士

日本食レストランやレストランが多いため、調理師免許があると

フルタイムで雇ってもらえる可能性が高くなります。


経験していると仕事探しに有利になる資格

飲食店(キッチン/ホール)、カフェ(キッチン/バリスタ/ホール)、建築土木(現場等)

保育士、教師、清掃業、宅配業、ホテル、農業

上記の資格や、経験がある方は仕事探しが有利に進められます。

建設業で働きたい方はホワイトカードを現地で取得しなければなりません。

またレストランで働く場合はRSAが必須になります。

カジノで働く場合はRCGを取得しなければなりません。

このようにオーストラリアに来てからも資格を取得しなければならないことがあります。

注意点ですが

仕事を探し始める前に必ず

TFN (タックスファイルナンバー)

銀行口座

RSA

RSG(必要に応じて)

レジュメ (履歴書)

上記の物があるか必ず確認してから仕事を探し始めてください。

また求人を出しているお店に直接行く場合や電話連絡する場合は

営業時間のピークは必ず避けましょう。

例 レストラン

午前中 12時~14時

午後  19時~21時

15時から17時の間に直接お店にいくのがお勧めです。


   RSA


RSAとは、Responsible Service of Alcoholの略称で

お酒を提供するパブやレストランなどで働く人は必ず取得しなければならない

資格です。取得せずに働いた場合最高5500$の罰金が科せられます。

未成年者にアルコールを供給した場合

スタッフに4000$またはマネージャーに25000$、

過度に酔った方にアルコールを提供した場合

スタッフに8000$またはマネージャーに50000$の罰金が科されます。

ワーキングホリデーやスチューデントで

働く予定の方は取得されることをお勧めします。

学校の授業やオンラインで取得することができます。

平均3~4時間以内に取得可能です。

日本語で受講することはできません。

http://www.hia.edu.au/online-courses/responsible-service-of-alcohol/?gclid=CLSz6-GV0L4CFVgnvQodIRAAPw

上記URLから取得可能です。

費用は上記のサイトで取得する場合19$です。

学校での取得を希望される方は各学校に問い合わせください。

問題は四択のなかから選択していくシステムです。

全て正解するまで次のステップに進むことができないので

しっかり資料を読むことをお勧めします。


RSG


RSGとは、Responsible Conduct of Gamblingの略称で

カジノで働く場合は必ず取得しなければなりません。

オーストラリアのギャンブルができるお店でスタッフとして働く場合に必須な資格です。

ギャンブルのできるお店ではあらゆる仕事に関して

このライセンス取得が義務づけられています。

取得した資格はクイーンズランド州内の場合3年間有効です。

http://www.hia.edu.au/online-courses/responsible-service-of-alcohol/?gclid=CLSz6-GV0L4CFVgnvQodIRAAPw

上記URLから取得可能です。

費用は上記のサイトで取得する場合19$です。

学校での取得を希望される方は各学校に問い合わせください。

問題は四択のなかから選択していくシステムです。

全て正解するまで次のステップに進むことができないので

しっかり資料を読むことをお勧めします。


White Card


オーストラリアの建設業で働く場合に取得しなければならないのが

このホワイトカードです。

ワーキングホリデイの方でも取得することができます。

工事現場などの肉体労働は日本と同じく時給が高めになっています。

オンラインで取得するか

各都市に『ホワイトカード』を申請できる事務所があり、

そこで一日研修を受けます。

金額は$100程度です。

研修終了後、1週間程度でカードが届きます。

日本でそういった仕事の経験がない場合は仕事を得るのが難しいかもしれません。

https://www.eot.edu.au/online-courses/construction-white-card/australia/

上記のURLをクリックしてオンラインでコースを受講することもできます。

以上、オーストラリアの仕事について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

分からないことや、疑問等ございましたら

お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。