国際免許証

国際免許証について


ここでは国際免許証の取得について説明していきます。


国際免許証


日本で自動車免許をお持ちの方は出国する前に、

国際免許証を取得することをお勧めします。

この国際免許証があると、海外で車を運転することもできますし、

国際免許証をIDとして使用することができます。

いちいちパスポートを持ち歩く必要がなくなります。

国際免許証とは、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づいて

各都道府県の公安委員会が発行するもので、

条約の加盟国がそれぞれの国で発行された国際免許証を認め合うものです。

国際免許証の有効期限は、1年です。

何度も海外で運転をする場合は、この有効期限内かどうか確かめる必要があります。

1年以上海外で滞在される方は、日本の運転免許証をその国の免許に切り替えるか、

試験を受けてその国の免許を取得する必要があります。

このため国内免許の有効期限が1年未満の場合には国際免許証の発行を受けることができません。

(※1年以上の海外滞在期間中に国内の免許期限が切れる場合)

こういった場合の特例措置として、通常の免許更新手続き期間以外にも免許の更新を行うことができます。


申請方法


有効な日本の免許証を所持していて、渡航する予定がある方であれば誰でも取得可能です。

申請の際にはパスポート等渡航を証明する書類が必要となります。

各都道府県警察署の運転免許課、

または住民票所在地にある運転免許センター、運転免許試験場で申請することができます。

申請費用

東京都 2400円

警視庁HP

各都道府県によって料金は異なります。

必要書類

運転免許証

写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし)

申請日前6か月以内に撮影したものを用意してください。

パスポート等渡航を証明する書類(現物)

古い国外運転免許証をお持ちの方は、その国外運転免許証もお持ちください。

国外運転免許証は、発行から1年以内で日本の免許証が有効期限内であれば

何回海外に行かれてもそのたびに使用できますが、国外運転免許証の有効期間が

短くなったため、新たに申請するときは返納していただかないと、

新たな国外運転免許証が交付できない場合があります。

発行期間

免許センター・試験場の場合は即日発行が可能です。

警察署で発行を受ける場合は、発行まで2週間程度かかる場合があります。

国外運転免許証の返納     

国外運転免許証の有効期間が満了したときは、お近くの試験場又は

警察署にお返しください。なお、試験場への郵送も可能です。

ワーキングホリデービザ、または学生ビザの人。

注意点は

1年以上の海外滞在期間中に国内免許証の有効期限がきれる場合は

国際免許証の発行を受けることができません。

国際免許証を申請できるのは

原則として日本国内のみになります。

以上、国際免許証について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

分からないことや、疑問等ございましたら

お問い合わせからお気軽にお尋ねください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。